スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
My most popular images for sale at Shutterstock:

子羊

こひつじ
My most popular images for sale at Shutterstock:

スポンサーサイト

おなかすいたよ~

ヒヨコ
My most popular images for sale at Shutterstock:

スヤスヤ

ヒヨコ
My most popular images for sale at Shutterstock:

マイナートランキライザー

こんなに安易に薬に頼っていいのだろうか?
マイナートランキライザーを飲んでしばらくすると考えてしまう。
いつも、飲んだあとで。

路傍の花


今では、机の抽斗、バックの中、そして財布の中にも薬を忍ばせている。
外に出かけるとはいつもそばになければならない。
持っていないとそれだけで不安になることも。

食事中に周りのざわめきが嘘のように遠のいていく。
周りの人は、楽しそうに話をしている。 でも、何をいっているか
分からない。 しばらくすると周りの風景がモノクロに変わっている。

発芽


どうしてこのような状態になったのか、ちょっと落ち着いてきたので整理してみよう。

メンタルケア
5月の休み明け、会社でメンタルケアについての社内教育がおこなわれた。
心が疲れて仕事ができなくなってしまう人があまりにも多いので人事部主催で
管理職は全員ある教育を受けることになった。 心の病気で会社の生産性が
落ちているから、何とかせいや!! ということなのだろう。

部下のメンタルケアを学び、部下がメンタルで体調を崩さずに働ける職場を作ろう!!
もちろん、問題が起きて、会社が訴えられたときのことを考えてこのように対応をしましょう。
そのようなことも言っていたような気がする。 少し言いすぎかもしれない。部品が壊れないように
管理職がメンテナンスを行い、会社に迷惑をかけないようにしましょう。 会社の保身だともいえる。

全てを否定するつもりはない。 部下の日頃の体調管理にもつながるだろうし
自然と部下との会話がふれるかもしれない。 また、自分が生活の糧をえる会社がしっかり
していることは重油なことである。 しかし、胡散臭い部分もある。 部下が病気になって会社を休職を
せざるを得なくなったら少し話が違ってくるのである。

会社は簡単に復職を認めてくれないのだ。 復職とは、8時間を普通に働けるようになって
復帰することが医師によって許可されなければ復帰できないのだ。 これを本人のためと
取るのか? 8時間連続勤務ができなくても、半日勤務から始めることもできよう。 

実際、私が休暇から復帰したときは、(私の場合は有給休暇(毎年大量に流れていく)をフルに使用して休みを取った)
その時は、環境に体を慣らすという理由で、最初の一週間は半日、翌週は、半日+2時間、
翌週は、8時間、更に、3か月後に出張解禁と徐々に体を慣らしていったのだ。

まるで、幼稚園のならし保育のようだが非常に大切なことだ。

講義を聞けば聞くほど、管理職が部下の健康管理、メンタルヘルスの管理に力を
注がねばならないことが強調される。 しかし、我々のような、下っ端の管理職はどうなんだろう?
罵声のあらし、どうしてこれが分からないんだ。 お前の頭は働いていないじゃないか? 馬鹿か?
俺は、言うことを聞かない奴を飼い殺しにしているんだ。 平気でこんな言葉が上司の口から出てくる。
信じられるだろうか? 

数年前、お前の考えていることはさっぱりわからない。 ひねくれ者の私は、ああっそうですか? 確かに新聞に書いてあることが理解できません。産業医に相談することもなく一人で心療内科を訪ねていました。 そこで言われたのが
このブログの題名にもなっている「思考停止ですね」だった。 本当に相手に理解できないことを話していたのかも知れない。 なんでこんなに、何も考えられなくなったんだろう? 疲れていたんだろうな。 この話は別の時に考えよう。

本当に新聞が読めないくらい疲れていたのだった。新聞が読めなくなるほど。
自分では体力にも自信があった。よく職場に近寄りたくないなんて聞くけど
そんなことはなかった。 ただ、新聞に書かれていることが理解できなかった。

少し、会社のメンタルケアから離れてしまったが話をもどそう。 2時間くらいの講義が終わった
後に、講師の口から信じられない言葉が発せられた。

さあ、一通り学んだところで、シミュレーションをやりましょう。 題材は、ある会社で管理者に任命されたしばらく
たったある日自殺した人を取り上げます。条件は、お配りした紙に書かれています。
さて、どうすれば自殺したAさんは自殺せずに済んだでしょうか? あなたは、上司です。さあ、どうしますか?

そうですね、席が近い人3人でグループを作ってシミュレーションしましょう!! さあ、どうすれば
自殺する必要がなかったのでしょうか? 考えましょう。

死んだ人は、何があっても生き返らない。 生き返らせろとは言ってないにしろ、私の頭のなかでは
自殺した人を題材に使うのは行き返させることと同じである。 完全に頭が働くことを拒否した。
突然、自殺した人が生き返ってきたらどんなにいいことだろう。叶わぬことを平然と話す講師も仕事なのだから
活かし方あるまいが、それでも悔しい。涙が出てきた。

人は、何も言わず、何も残さず、ある日突然その人生を自ら断つ。 病気や事故、因果関係が分かっていても
人の死はつらい。しかし、理由も知らさずに命を絶った人の周りの人は心にぽっかりと大きな穴が開く。たとえ
穴が塞がっても、ぽっかりとした空間は心の中に残り、外部の刺激を受けて心を揺らす。 空間が揺れると
私も揺れる。いつまでもいつまでも。 私が死んで、心の空間が解き放たれたときにはじめて解放されるのだろう。

その日のシミュレーションは、私の心の空間を激しく揺り動かした。動く旅に、空間は大きくなって胸を圧迫して
鼓動を早め、更にふくらみ、鼓膜も塞ぎ、そして、周りの色をすべて吸い尽くして更に大きくなっていくようだ。
こうなると自分一人では何もできない。まずは落ち着くためにマイナートランキライザーを一粒飲んで椅子に座る

10分、20分と経つうちに、薬が心の空間を少し小さくしてくれたようだ。 モノクロの背景が色を取り戻し、音が戻って
来た。 圧迫された心臓もドック ドックと正常に脈拍を刻むようになった。憤りを感じた。。 死んだ人は、どんなことをしても生き返ることはない。どうしてこんなシミュレーションが必要なのだろうか? もっと言えば、どうしてこのようなメンタル教育を社員が受けなければならなのか?

根本的に間違っているのではないか? 上の人は良く、真因を調べて対策をとるようにと馬鹿の一つ覚えのように
唱えるが、唱えるだけで実践はできない悲しい人たちなのだろう。 メンタルの不調を助長する原因そのものを考えなければ解決しないのに、対処療法で解決しようとする。 一歩引いて考えればわかるはずなのに。 真因は調べない。 

あまりにも切なすぎる。 私の中に重なるものがあったから?
同僚の死。 同僚は自殺した。 遺書はなかった。 どうして? なんで死んだの? 

ゲームではないのだ、シミュレーションで彼が死なずに済んだ? 
あまりにも人の死というものが軽んじられている。

クロタネソウ

5月休み明けから、そろそろ一か月。 毎日がつらい。 でもだれもわかってくれない。
My most popular images for sale at Shutterstock:

ようやく 一休み

かつて、5月の連休がこれほど待ち遠しく感じられたことはなかった。


午後3時を過ぎると、 
体は重たい、頭は痛い、でも、やらなければならない
ことはたくさんある。ヘロヘロ状態。

あと4日、あと3日・・・ 指折り数えて連休を待った
4月が一週間余分に長かったら、体は燃え尽きて
いたに違いない。

2月、3月、4月と忙しかったのは事実だ。
でも、「なんで忙しかったの?」と聞かれたら
あれっ、何で忙しかったんだろう?

ミツバチ





My most popular images for sale at Shutterstock:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。